TopGIMPの描き方・使い方 >GIMPの水彩スクリプトで写真をイラストに変換出来るか?
2013年10月22日

GIMPの水彩スクリプトで写真をイラストに変換出来るか?

1GIMP 水彩化メイキング

今回こちらの女の子の写真をGIMPの「スケッチ&水彩スクリプト」を応用して 水彩風のイラストに加工してみたいと思います。 スケッチ&水彩スクリプトの導入がまだの場合は、 リンク先より入手しておいて下さい。



今回解説する方法は、元となる写真(風景・人物)に水彩スクリプトを適用するだけではイマイチ物足りないという場合におすすめです。まだ研究段階ですが一度メイキングを作成してみたいと思います。

1.着色ベースを作成する

GIMPで水彩化したい画像を開きます。

次に、フィルタ>ノイズ>つまむ_を適用していきます。ここで色彩のにじみとなる要素を作ります。


2フィルタ>ノイズ>つまむ

数値は画像を参考にしながら、お好みで調整して下さい。 次に、明るさコントラストの調整です。ある程度メリハリのある階調にして 全体的に明るめにしておきます。


3明るさコントラストの調整
4コントラスト調整完了

もう少し色調整して、黄色の要素を入れても良かったかなとも思いますが、 後の祭りです、、、進みますw それでは、 Script-Fu>MH>水彩_とスクリプトを適用します!

5水彩スクリプト適用

適用した数値については暫定的なもので改良の余地がまだまだあります;;

【スケッチ&水彩スクリプト数値の意味】

radius・・・絵具でいうところの、水量(ぼかし具合)
edge・・・下絵の輪郭線の強弱
noise・・・画像のキメ細かさ、シャープかどうか

という具合に勝手に解釈していますが、定かではありません;;(※適当ですいません;;)今回はこんな感じになりました。この段階で納得できればそこで完了ですが、私は納得行かず試行錯誤を続けることに、、、。

6水彩着色ベース

この画像を着色ベースとして、さらにもう一手間かけて行きます!

2.レイヤーモードを駆使して素敵なニュアンスを

7元画像レイヤースクリーン

元画像を新たにGIMPに取り込んで、レイヤーモードを「スクリーン」に変更。


8noiseの数値が高すぎた?

どうでしょうか?いきなりいい感じになったような気がしませんか? 水彩スクリプトの時に、noiseの数値をもう少し下げておいても 良かったかもしれません。 ペンタブを使えば簡単に修正出来そうですが、あくまでもそのようなスキルを 使わない方法論で完成を目指したいので、、、。 応急処置として、


9水平方向にガウシアンぼかし

水平方向にだけ、1pxのぼかしをかけてみましたw微妙ですが効果あります。 (※垂直方向にぼかすと、顔立ちが崩れてしまうため水平だけにしました。) 皆さんが扱う写真素材では必要ないかもしれません、方法論として 頭の片隅にでもしまっといて下さいませ_。 (※赤枠の鎖の連結は外しておかないと水平だけの設定はできません。)

3.線画レイヤーを追加してみる

10線画用に再度元画像を開く

何度もお手数ですが、もう一度元画像を開きます。これでレイヤーが3段構成に なりました! GIMPで写真をレタッチする場合、線画を抽出しておくと様々な活用方法が 出てきて大変便利でテンションも上がります!


11写真コピー

さっそく、フィルタ>芸術的効果>写真コピー_と適用します。 数値は画像を参考に調整してみて下さい。 風景写真などでは、もっと淡いほうがいいかもしれません。場合によっては線画ではなく画像そのままでレイヤーモードのみの変更の方が良い結果になることもあります。 ポスタリゼーションは併用したほうがいいかもしれません。

12写真コピー 線画抽出

4.レイヤーモードによって表現が違ってくる

13色鉛筆タッチ

写真コピーを適用したレイヤーが一番上にあることを確認して、 レイヤーの不透明度を50%程度まで下げていきます。 これで完成としてもいいくらいではないでしょうか? 個人的に上手な人が描いた、色鉛筆画のような雰囲気を感じますね! 水彩イラストっぽくする場合では、


14比較(暗)

レイヤーモードを、「比較(暗)」などにしてみて下さい。 不透明水彩、アクリルガッシュのテイストが出ている感じです。 一応ベーシックな部分でのメイキングですので、その他の工夫は人それぞれの 感覚に左右されるものだと思っています。


16応用編ポスタリゼーション

上から2番めにおいたレイヤーに、色>ポスタリゼーション_と適用。 色数を3〜5程度まで減らすことで油彩風のタッチにすることも出来ます。 素材が変わると適用する数値などは臨機応変に変えていく必要があります。 水彩スクリプト一発変換の出来栄えに納得できない場合などに試してみて下さい。


15完成.jpg

どうでしょうか?

最初の元写真と比較すると結構雰囲気が変わりましたよね! 今回利用したスクリプトは単純(デザイン)かつ色数など少ないほうが効果テキメンです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。